読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製作補助系スクリプト

この記事はセカンドライフ技術系 Advent Calendar2016用の2回目の記事です。
1回目ではユーザー定義関数について書きました。

今回の記事ではスクリプトアイテムを製作時に役に立つツールを紹介して行こうと思います。
効率よく物作りをしようとツール系をいろいろ作りすぎて逆に時間がかかるという事よくありますよねw
そんな思いをしながら作って実際によく使っている汎用性の高い物をいくつか紹介します。

スクリプトアイテムを作るって事はスクリプターさんだしこんな物はすぐ作れるだろ!!みたいな突込みは無しでお願いしますw

リンク番号と面番号を知りたい時に便利なスクリプト

タッチされたリンク番号や面番号で違う処理をする時や、1面だけ色を変えたい処理の時などそれらを指定してコードを書くことになると思います。
その変える番号を知りたい時、編集画面で「リンク部位を編集」や「面を選択」を選んで見てもたまに嘘付かれませんか?w

そんな時はこのスクリプトをコピーしたオブジェクトにぶち込んでやれば解決です。

default
{
    state_entry()
    {
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"acdada97-4086-8d91-960d-f31b2c8430b2",0);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"ee1313b7-451f-97c8-1aff-de8f9f86b120",1);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"fa050b2a-ed2e-098a-9a2d-6dabec00111f",2);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"5b3eacc6-796e-f6db-a920-91e30693875b",3);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"1bec7d07-e722-305b-876c-4b706be3b461",4);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"236ac5d5-8881-787d-c024-e5e1335121c0",5);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"11c6952d-637f-febd-5e7f-60f6fee9dad5",6);
        llSetLinkTexture(LINK_SET,"27d28e09-2fb1-5ae6-0072-86836044edf4",7); 
    }
    
    touch_start(integer total_number)
    {
        llOwnerSay("Link_Num = "+(string)llDetectedLinkNumber(0)+" Face_num = "+(string)llDetectedTouchFace(0));
        list data_list = llGetLinkPrimitiveParams( llDetectedLinkNumber(0),[PRIM_POS_LOCAL,PRIM_ROT_LOCAL,PRIM_SIZE] );
        llOwnerSay("pos="+(string)llList2Vector(data_list,0));
        llOwnerSay("Rot="+(string)llList2Rot(data_list,1));
        llOwnerSay("Size="+(string)llList2Vector(data_list,2));
    }
}

f:id:tomozoolomu:20161211091241p:plain
こんな感じで面ごとに色別のテクスチャが貼り付けられます。
上に0~7まで数字が書いてあるのはこのスクリプトを入れた8面メッシュをHUDとして付けています。
色だけで面番号がわかるまでは付けてると便利です。
タッチした面のリンク番号、面番号、ローカルな座標、ローカルな回転、リンクプリムのサイズもメッセージとして出ます。

Object: Link_Num = 5 Face_num = 4
Object: pos=<0.00110, 0.44539, 0.00855>
Object: Rot=<0.00000, 0.00000, -1.00000, 0.00000>
Object: Size=<0.34836, 0.06446, 1.00000>

いらない部分は先頭に//でも入れて消せばいいです。

面を分けずにボタンを付けたい時に便利なスクリプト

f:id:tomozoolomu:20161211094600j:plain:w320
この画像の用に1枚のテクスチャにボタンがいくつも付いていてタッチされた場所によって処理を変えたい場合ありますよね。
その場合テクスチャやUVのどの部分をタッチされたか判別してそれにあった処理をすると思います。
そんな時のテンプレートスクリプトです。

integer count = 0;
vector count_1;
vector count_2;

default
{
    touch_start(integer total_number)
    {
        if(llDetectedLinkNumber(0) > 1)
        {
            llResetScript();
        }else if(llDetectedLinkNumber(0) == 0)
        {
            vector touched_uv =  llDetectedTouchUV(0);
            if(count == 0)
            {//1回目取得
                count_1 = touched_uv;
                count++;
            }else if(count == 1)
            {//2回目取得
                count_2 = touched_uv;
                string say_msg = "uv.x > "+(string)count_1.x + " && uv.x < "+ (string)count_2.x+" && "+
                                 "uv.y > "+(string)count_1.y + " && uv.y < "+ (string)count_2.y;
                llOwnerSay(say_msg);
                llResetScript();
            } 
        }
    }
}

通常プリムの板にスクリプトをぶち込んでテクスチャを張りボタン部分の「左下」「右上」の順に2回クリックします。

Object: uv.x > 0.148981 && uv.x < 0.278454 && uv.y > 0.440016 && uv.y < 0.546142

こんな感じのメッセージが出てきますのでコピペして

default
{
    touch_start(integer total_number)
    {
        vector uv =  llDetectedTouchUV(0);
        if(uv.x > 0.148981 && uv.x < 0.278454 && uv.y > 0.440016 && uv.y < 0.546142)
        {//ボタン1の処理
            
        }else if(uv.x > 0.183588 && uv.x < 0.265684 && uv.y > 0.793917 && uv.y < 0.865924)
        {//ボタン2の処理
            
        }
    }
}

こんな感じで使ってもらえばいいと思います。

※ちなみに上記のスクリプトのままでは違う面の同じUV箇所をタッチしても反応してしまいますのでリンク番号と面も一致してるか確認してから処理してください。

パーティクルやテキストの色指定に便利なスクリプト

パーティクルやフローティングテキストの色は淡い色や微妙な色を付けたい時ありますよね。
編集画面のカラーピッカーでLSLを選べばvector型の数値は出るのですが1発でコピペできないのでちょっと不便です。
そんな時に面の色をvector型で教えてくれるスクリプト

default 
{  
    touch_start(integer total_number) 
    { 
        vector color = llGetColor(llDetectedTouchFace(0));  
        llOwnerSay("Color Vector = [ "+(string)color+" ]"); 
    } 
}

箱にスクリプト突っ込んで色を変えてタッチするだけです。

Object: Color Vector = [ <0.30980, 0.55686, 0.69020> ]

こんな感じで教えてくれます。


他にも製作補助ツール的な物は沢山ありますが用途が絞られてる物が多いので汎用性の高そうなものを紹介しました。
また機会があればいろいろ紹介していきますね。